お気楽自転車日和

Entries

Category : パーツ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵を購入

  • 2010.07
  • 12

Edit154

先日、記事にもした新車用の「鍵」を購入しました。

これです。
P1020386.jpg

Steel-O-Chain 810
代理店HP

色々と考えたんですが、汎用性と携帯性のギリギリがこれかなぁと・・・

これ単体で2キログラムもあるんですよ。
重・・・ヽ(;´Д`)ノ

まぁ、自転車から目を離さないということは基本ですが、
この鍵をつけていて盗難されたら、もう何をやってても同じかもしれませんね~

本職の窃盗団に狙われると、防ぎようが無いというのがほんとのとこらしいですね。
スポンサーサイト
P1010461.jpg

チェーンオイルを変えました。

今までは写真左の「WAX」を使っていたのですが、
このオイル(厳密にはオイルではありませんが)は大体200km走るまでに
チェーンから金属のこすれる音が出始めるんですよねぇ・・・

まぁ、私の使い方が悪いだけかもしれませんが・・・

と、そんなにこまめに注油しなければならないのも面倒なので、
写真右の「DRY」に変えました。

やはり本物のオイルなだけあって、持ちがいいですね。
「オイルの粘度が抵抗に・・・」という話もありますが、
私はそれほどのライダーではないのでこれで全く問題ありません。

というか、非常にスムーズです。

P1000178.jpg
先日、この「YPK Cafe 2.0 Combo」というワイヤーキーを購入したことは記事にしました。

このワイヤーキーの使い勝手はなかなかのものですが、収納するときが面倒なんですよね。
このことはリンクを張らせていただいているキャラメルマン+さんも同じで、色々と工夫されています。

で、私はというと、最近はこのような方法が定着しつつあります。

これです。
鍵

この巾着袋はどこのだったかパンのおまけでもらったものですが、偶然にもジャストフィットなんですよね。
サイズは 「タテ24cm X ヨコ20cm」 のマチは無し。

手順は、これぐらいに丸めて(マジックテープは使いません)
鍵 (1)

こういうふうに持って、
鍵 (2)

持っている手ごと、上から袋をかぶせて、
鍵 (3)

後は手を抜き、絞るだけです。
鍵 (4)


鍵を出すときも、引っ張り出すだけですから、時間なんてまったくかかりません。

カバンの中でも袋ですから、何かに引っかかることもありません。

結構簡単ですよ。
今日は、先日1000km走行記念と同時に破損したクリートの交換をしました。

私が使っている靴はシマノ製なのですが、ペダルはLOOK製なので、シマノの靴にLOOKのクリートを装着しています。

クリートの装着は細かい取り付け位置の調整が大変なのですが、LOOKの交換用クリートには位置が変わらないようにシールが付いています。
クリート交換

このシールの真ん中以外をはがして、古いクリートの周りに貼り付けます。
クリート交換 (1)

そうして位置をマークした後、古いクリートを外します。
クリート交換 (2)

この左側が新しいクリートです。
LOOKのKeoクリートには足を左右に動かすことができる角度ごとに3種類が用意されています。
今回、私は9度動く赤クリートから、4.5度動くグレーのクリートへ交換します。
クリート交換 (3)

付属のネジで仮止めをし、位置を調整します。
クリート交換 (4)

この後、シールをはがして、本締めをして交換完了です。
クリート交換 (5)

稼動範囲が小さいクリートに交換したことで、特に感じることがあったら、ブログのネタにします。
さぁ~て、どんな具合かなぁ~
これを買いました。
P1000178.jpg
YPK Cafe 2.0 Combo

いろんなワイヤーキーを検討したけど、やっぱりこれかなぁ。
先日、西宮ガーデンズに行ったときも、妻と私の2台分を固定するものが必要だと思ったところだし。
2つのループを1本で作れるのはやはり便利だ。

グリーンもいいけど、目立つレッドが「ロックしてるぞ!」と自己主張しているようなので赤にしました。

粗忽(そこつ)・・・軽はずみ、そそっかしい、おっちょこちょい という感じの意味

さて、のっけからこんなことを書いてますが、このタイトルは自分に対してなんですよねぇ・・・

[More...]

さて、今日は天気予報が言うに、尼崎~大阪周辺は昼から雨ということなので、朝6時に起床し、ビアンキさんでひとっ走りしてきました。

昨日の大雨の影響がまだまだ残っていると考えられるので、リアに簡易フェンダーを取り付け出発。

さてさて、新しいサドルの具合は・・・

[More...]

ロードバイクを始めたほとんどの人に起こる問題の一つ、「お尻の痛み」。
これってやっかいですよねぇ。

私もお尻が痛くなるロード乗りの一人です。
で、この問題を解決しないと、今以上の長距離走行は不可能なので、なんとかしなけりゃいけないんですよね。

[More...]

ロードバイクの入手をきっかけに
今まで手を出さなかったサイクルコンピューター
を購入した。

[More...]

今日は携帯用ポンプの防塵カバーを作った。
今所有している携帯ポンプは「トピーク・マイクロロケット、マスターブラスター」だ。
本体は非常に小さく、本当に非常用といった感じだが、
私はインフレーターも携行するので、これは本当に補助としての装備だ。
小さくて場所をとらないが、このポンプ、バルブを差し込む穴に蓋が無いのだ。
IMG_4413.jpg

こんな状態なので、付属のブラケットでフレームに装着するとホコリや砂が入ってしまいそうで、
少し気になっていたのだ。
そこで、なぜか家に少し残っていたゴム帯(裁縫店で売っている)を使ってカバーを作ろうと思い立ったのだ。

いやぁ、久しぶりに針の穴に糸を通しました。
指貫を装着したのって何年ぶりだろう・・・

作り方は書くまでも無いぐらいに簡単で、ゴム帯を輪に縫って、底を縫って、袋にしただけ。
で、完成の姿がこれ
IMG_4416.jpg
・・・ブサイクだな・・・

これを見て妻が一言「覆面レスラーやね。」

ん~、そのとおりかも・・・

でも、まぁ、これでいいや(笑)
ウエムラサイクルパーツのオリジナルツールボトル(L)を購入した。
ツールボトル

これは先日のサドルバック破損の教訓からの判断だ。
知っている人からすれば当然かもしれないが、パンク修理に必要な工具を全てトピークのワンタッチ式サドルバッグに入れると、アタッチメントが重さに耐え切れず、破損する(した)。
現在、携帯ツールやパーツとしては
チューブ・タイヤレバー・プレッシャーゲージ・ミニツール・チューブパッチ・インフレーター・ポンプ・ウェットティッシュ
といったところだが、この中では特にインフレーターが重かった。
ワンタイマー

で、このツールボトルに入ったのが
チューブ・ミニツール・チューブパッチ・インフレーター・ポンプ・ウェットティッシュ
でまだ余裕はある。でもゲージとタイヤレバーは入らない。
ま、じゅうぶんかな。

そのうち、よく分からないロゴは消してしまって、ステッカーとか貼り付けてオリジナルっぽくしてやろう。
あ、形状はシマノのツールボトルと同じでしたよ。
多分、OEM先が同じなんでしょう。
今日は気をとり直して、なにわ自転車道へ出発。
昨日とはまるで逆の快晴だ。

ロードバイクの納期が先になったということで、
現存するパーツを試してみようと方針変換。
早速ハーフクリップを装着してみた。
ハーフクリップ装着
すでに使っていたウェルゴのフラットロードペダルにはリフレクター用の取付け穴があったため、
それを使って装着。

走ってみたところ、「あ、こういうことか」とすぐにトゥークリップの意味を実感。
引き足って何?って思っていたけれど、
これの有る無しで「ペダルを踏む」から「ペダルを回す」
に変わるということが分かった。
実際のところ、ビンディングペダルに比べたら効果はかなり低いんだろうけど、
「ペダルを回すってこういうこと。」と知る分には非常に勉強になった。

初めての使用でどこまで引き足を使っていたかは分からないけど、
行程の後半には太ももを引き上げる筋肉が分かるぐらいに疲れていたので、
ちょっとは引けていたんだろう。

前評判で足が抜きやすいということだったが、まったくその通りだった。
構造が単純なため、入れ易いし抜き易い。
この分だとロードバイクにはハーフクリップではなくて、トゥークリップを装着かなぁ。
今日、ネットで注文していたパーツ類が届いた。
ボトルケージ
ボトル
それぞれタイオガのボトルケージとボトル。
いままではペットボトル用のホルダーにペットボトルを挿して飲んでたけど、
いちいち栓を開けるのが煩わしかったのよ。
で、ロードバイクの購入時にやはりロードならちゃんとしたボトルを使うべきだなと考えた。
でもまぁ、ボトルケージにカーボンとかはいらないかなぁと思い、安いアルミ製と一般的なボトルとなりました。
気になるのは噂に聞くボトル特有の臭いだけれども、
実際に臭いが飲み物に移るのか、試すのが楽しみだ。
毎日毎日、納車まで後どれぐらいかと思う日々をすごす。
まぁ、思うだけならいいんだけど、新車に対して「ああしよう、こうしよう」といろいろ考えてしまう。
ペダルはどうしようかなぁっていうのが第一の案件。
ロードバイクを楽しむにあたって、ペダリング効率だけを考えれば「ビンディングペダル」なんだろうけど、たまには自転車を降りてブラブラ歩きたくなるかもしれない・・・
そう考えると、まだクリートが奥に引っ込んでいて歩きやすいといわれるMTB用のビンディングシューズとペダルという手もある・・・
しかしながらお金はそんなにない・・・
それにビンディングはまだちょっと怖い。

ということで思い当たったのが「トゥークリップ」
しかもすぐに足を抜ける「ハーフクリップ」
手軽さでは一番ではなかろうか?
しかも購入するバイクに標準装備されるペダルに取り付けられるのだそうだ。
で購入したのがこれ。
ハーフクリップ
ゼファールの樹脂製ハーフクリップ。¥800で購入
これならすぐに飽きたり物足りなくなっても損害額が少なくて済む(笑)
効率は言うほど上がらないんだろうけど、初心者だから今のところは欲張らないでおこう。

さぁ、納車されてこれを取り付けるのが楽しみだ。

プロフィール

SAW

Author:SAW
兵庫県尼崎市から三重県津市へ転勤したサラリーマン。
ダイエット目的で自転車を始めたが、最近は気楽に自転車で走ることばかり考えている、手抜き自転車乗り。
ロードバイクも持っているのにねぇ・・・

現在の愛車は
ビアンキ・ヴィアニローネ7 alu/carbon105
(愛称:ビアンキさん)

タイレル・FX
(愛称:タイレルさんorマーヤ号)

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © SAW
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。